鎮痛剤の効果

片頭痛とは、ズキンズキンと強い痛みに襲われる慢性頭痛の一つで、約850万人もの人がこの片頭痛に悩まされています。
しかし、そのうち実際に病院できちんと診察をしてもらっているのがたった3割程度しかいません。
男性は20代30代で症状に悩む人が多く、女性は30代40代に多いです。また、その症状は10代や20代のうちから表れはじめ、同じような頭痛が繰り返し起こります。

その痛みの前兆としては、頭痛がはじまる数時間前に目の前がチカチカします。しかし、その前兆を訴えているのは2割ほどで、ほとんどの方は急な痛みに襲われているみたいです。
その痛さは仕事や家事にも影響し、勉強も手に付かない場合も多いみたいです。また、ひどい方は吐き気にも悩まされる方もいます。

私は吐き気までにはなりませんが、長年片頭痛に悩まされていました。
そこで友人に勧められた鎮痛剤、マクサルトのジェネリックのリザクトを服用してからその悩みが解消されました。

リザクトは、シプラ社から発売されていて、片頭痛の急性期治療薬マクサルトのジェネリック薬品になります。
私はいつも個人輸入代行会社に頼みネットで購入しています。
私もそうですが、ストック分も購入できるのでいつも常備しています。
服用後から、15分ほどで効いてくれるので、急な頭痛でも仕事に支障なく痛みを和らげてくれます。
ジェネリック医薬品なので値段も安くコストパフォーマンスに優れていると思います。

片頭痛の痛みにただ我慢してもなんの得もありません。
薬を飲むか、無理をせずに病院で診察をしてもらいましょう。
ストレスであったり、寝不足、食生活にもこの片頭痛は関係していると言われています。
もし根本的なところから治したいのであれば、普段の生活から見直す必要があるでしょう。
しかし、この片頭痛は突然やって来るものです。
そのいつやって来るか分からないためにも、このリザクトの常備をオススメします。